天晴於馬國建全球最大漂浮型水上太陽能電站

topic: 
太陽能

台灣天晴能源近幾年拓展東南亞版圖,日前和馬來西亞能源公司UMILE簽署MoA(memorandum of agreement)協議,共同成立馬來西亞天源光能。雙方合資公司將於馬來西亞巴西馬士(Pasir Mas)的湖面上建設發電容量49MW漂浮型水上太陽能電站,2017年8月開始投建,預計2018年底完成併網。

此專案使用250英畝的水面,將成為世界最大的漂浮型電站。UMILE執行長Datuk Dr Nazily Mohd Noor說此計畫為馬來西亞第一個漂浮型水上電站,且日後也會和天晴能源花8至12個月研究討論是否該為此計畫造湖。

閱讀全文

Source: EnergyTrend

中國向歐盟進口多晶矽續徵雙反稅

topic: 
太陽能

中國商務部貿易救濟局於4月28日宣布,對歐盟進口太陽能多晶矽續徵雙反稅,自2017年5月1日生效,為期18個月。

自2014年4月,中國對歐盟進口之太陽能多晶矽產品採取為期2年的雙反政策。2016年4月,調查機關裁定,若終止對歐盟的反傾銷稅,自歐盟進口的多晶產品對中國仍會有傾銷的可能,對中國的多晶矽產業將會造成損害,因此續徵反傾銷稅,反補貼的狀況與反傾銷同步。

閱讀全文

Source: EnergyTrend

LED燈結合手機app 糖尿病診療出現新突破

國際著名學術期刊《科學轉化醫學》(Science Translational Medicine)網站,近日發表了中國華東師範大學研究員葉海峰團隊的最新研究成果。該研究首次實現了通過智慧型手機超遠程調控治療糖尿病,有望為今後臨床上診療一體化、精準治療糖尿病提供新思路與新策略。

Source: LEDinside

IBM InterConnect 2017: グローバル展開を進めるIBMのクラウドおよびコグニティブ事業戦略

IBMは2017年3月19日〜23日の5日間、同社の顧客やパートナー、開発者向けにIBMのクラウドおよびコグニティブの最新情報を提供するカンファレンス「IBM InterConnect 2017」を米国ネバタ州ラスベガス(Mandalay Bay)で開催した。InterConnectは、2014年まではIBMが個別に開催していた3種類のイベント(Pulse、Impact、Innovate)を2015年に統合し、今年で3回目を迎えた。

同イベントは、基調講演、チェアマンズアドレス、1,300件超のブレークアウトセッションに加え、ラウンドテーブル、パネルディスカッション、ハンズオン、ワークショップなど、合計で2,200件を超えるセッションおよび展示から構成される大規模なイベントであり、昨年のIBM InterConnect 2016に続き、2万人超の来場者があった。また、開催期間中は、アナリスト向けのプログラムも組まれ、IBM本社のエグゼクティブによる事業方針についての説明、また、ラウンドテーブル形式で、IBMの顧客企業による取り組み事例の紹介および各分野の事業責任者によるテーマごとの情報提供も行われた。

本調査レポートは、IBM InterConnect 2017(以下、本イベントと記す)の概要をまとめたものである。


Source: IDC cloud

Smart Campus 1.0

“IDC’s Smart Campus MaturityScape should enable campus leaderships to approach digital transformation in a holistic way," says Jan Alexa, senior research analyst with IDC Government Insights. “Campuses should strive to leverage new technologies to provide better services to students and researchers alike. Universities and colleges that want to differentiate themselves from their competitors should use the Smart Campus MaturityScape conceptual framework to assess their maturity and design a roadmap that addresses their strategic challenges and opportunities."


Source: IDC cloud